Travel is [最高の思い出].

株式会社タビックスジャパン 町田支店 / 営業職

根岸 涼子

NEGISHI RYOKO

2015年新卒入社

大学の観光経営学科を卒業後、タビックスジャパンに入社。営業職として社員旅行を中心に、国内外の旅の準備や添乗をサポートしている。

旅の新しい魅力に気づかされ
“旅行が好き”という思いが強くなった。

大学時代は、長期休暇のたびに旅行をしていました。当時はテーマパークやマリンスポーツが好きだったので、いわゆる女子旅のような場所に行ってたんです。でも、入社してからは自分では選ばないような地域に行くことも多く、各地の新しい魅力に気づきまして。旅先で四季を感じたり、自然の景観を見たいという気持ちがだんだん強くなってますね。プライベートで広島へ行ったときも、厳島神社の雰囲気が素晴らしかった。過ごしていて気持ち良いと思える場所が好きですね。まだ行ったことのない国や場所はたくさんあるので、旅行をすることでその土地の魅力を知っていきたいと思います。

目的を感じ取ってベストを目指す
自分ではなく誰かのためのプラン

行ったことのない場所に、行ってみたいです。現在、主にお手伝いさせていただいてるのは、社員旅行。毎年行く会社となると、行き先がなくなってくるんですよ。有名スポットは行き尽くして、穴場の地域にも行くようになってくる。私も添乗員として着いて行くと、新しい発見があるんですよ。それに、お客様によって旅の目的も違います。ある建設会社さんの研修旅行は、旅をしながら建物を見るというものでした。私でも知らない観光地に行ってきたのですが、社員の皆さんは建物をじっくりと見て回ってましたね。慰安旅行としてご依頼される会社もありますし、それぞれの楽しみ方があるんだなと思います。

会社の一社員になった気持ちで
一緒に盛り上げていきたい。

社員旅行の準備は、3ヶ月前〜半年前くらいから始めます。行き先を決めていない方も多いので、お客様の要望からいくつか提案をして。1年目の頃はわからなかったのですが、だんだん関係性が深くなるにつれて見えてくるものがあるんですよ。ここは研修も兼ねて旅行をする会社、温泉宿でゆっくり宴会がしたい会社など、情報が増えていく。そして、自分自身が楽しむことも大事だと思います。業務的にこなすだけでなく、一緒に旅行を盛り上げないと。何度か添乗を担当すると「根岸ちゃん」って名前を覚えてもらえるので、自分も一社員になった気持ちで皆さんと仲良くさせていただいてます。

責任感がないと厳しい仕事、
続ければ勝手にレベルアップする。

自分自身が一気に成長できる仕事だと思います。なぜなら私は営業職ですが、営業だけではないんです。見積の作成、交通や宿泊などの手配、当日の添乗業務など、旅行の提案から清算までのすべてをひとりで任されています。3年目でもわからないことだらけで、永遠に勉強が必要ですね。責任感や知識、やる気がないと続かないですが、やりがいや楽しさはたくさん感じられます。経験を積むことですべての業務のレベルが少しずつ上がり、自分でも気づかないうちに勝手にレベルが上がっている。ひとりの現場は何がなんでもやるしかない環境なので、レベルアップしていくしかないんです!

FAVORITE &
UNFORGETTABLE

想い出の場所

函館

入社1年目の添乗で函館に行ったときの写真です。この時はまだ添乗の仕事に慣れていないだけでなく、初めての函館ということで不安と緊張でいっぱいでしたが、とにかく一生懸命!頑張っていたことを思い出します。今ではだいぶ仕事にも慣れてきましたが、気持ちを引き締めたい時や自分を元気づけたい時にこの写真を見て、当時の自分からパワーをもらっています(笑)。

スキーツアーのセンディング

コーポレートサイト

© T-LIFE Holdings